05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

【心理学の長い闘いのお話】(ケン・ウィルバーのことはじめ2) 

【心理学の長い戦いのお話】

さて、今回は心理学のお話をします。
とっても分かりやすく書きますので、
難しそう!と思わず読んでくださいね♪

心理学だけじゃなく、
いろんな学問で起きていることだと思いますが、
(もしかしたら学問だけじゃなくってあらゆる分野で起きていること??)

心理学は、さまざまな学派に別れて争ってきました。
例えば、ある人は、

「心の病の原因は性欲を抑え込み無視すること(抑圧)だ。」

と言い、またある人は、

「いや、性欲よりも、集合的無意識に原因がある。」

と言います。
ある人は、

「自我(エゴ)がしっかりとその位置を確保できていることが精神的健康の条件だ。」

と言い、
ある人は

「いやいや。自我(エゴ)をしっかりさせるより、自我(エゴ)を手放せ。そうすれば、真の道が見えてくる。」

と言います。

もう、ぐちゃぐちゃです。
互いに批判し合い、「真実はどこにあるの??」という状態でした。
そこへ彗星のごとく現れたのが

『ケン・ウィルバー』

でした。
彗星のごとく現れた彼は言います。

「それって患者さん(クライアントさん)のステージが違うんじゃないの??」

もっともな一言です。笑
(学問的な言葉で書いてあるので、実際の言葉は、もうちょっと複雑ですが、要約するとこんな感じってことでご勘弁♪)

例えば、
まだまだ社会経験もなく、
しっかり何かをやり遂げたこともほとんどない20代の若者にとっては、

「自我(エゴ・理性)が確固としている」

ことは重要です。
つまり、「辛くても、これはきちんと責任を取るまでやりきろう」とかね。
そういう当たり前のことをまなび、
しっかりとやりきることは身につけなければなりませんよね。
辛い状況に対して、
自分をしっかり保つ。
これが、「自我が確固としている」ということ。
そりゃー、当然、しっかりとこの社会を生き抜く条件みたいなものですね。

だけれども、その段階を超え、
しっかりと責任を果たしているばかりで人生に喜びと意味を失った人にとっては、

「自我(エゴ)を手放し、解放され、自分の枠の外の真実(スピリチュアリティ)に気づいていく。」

ことが重要になってきます。

なーんだ。
そんなことか。
対立していると思っていたら、
ステージが違うだけなのね。

自我がしっかりしていなかったらしっかりして、
その先で、人生が無味乾燥になっていたら、
徐々に自我を手放していって、
次の段階に進んでいって・・・

・・・

・・・・・

・・・・・・・・ん??

・・・

よく考えたら、ふつうのことじゃん!笑

って感じですよね。
だけど、ついつい、スピリチュアルっぽいことを言っている人を見ると

「この人は何でもできちゃうんだわ。。それに対して私は、今まで、会社で頑張ってきただけで・・・」

なんて思っちゃいませんか??
でも、もしかしたら、その人は、自我が確固としておらず、
辛かったらすぐに折れてしまうような人かもしれません。
あなたの方が心はずっと強くしなやかで現実的かもしれませんね。

ウィルバーの発達段階を理解してみると、

「言ってることはすごいと思う。・・・けれどもどこかに違和感がある。」

と言う人が、ぜんぜんすごくなかったことに気づいたり、
すごくないと思っていた自分が、
着実に歩んでいることに気づいたり、
いろんなものが本当の姿を現していきます。

「自分がしっかりとする→スピリチュアリティに目覚める」

そうしないと、変なことになるのは当たり前ですよね。
自分がしっかりとしていないのに、
スピリチュアルに目覚めてしまったら、
スピリチュアルな感覚に振り回されたり、
自分のために都合よくスピリチュアルな言葉を使う人が現れてしまう。
(でも、そういう人って多い気が。。。)

しっかりとウィルバーの信頼できる発達段階を学べば、
変な現象に振り回されることも少なくなり、
頭の中がすっきり整理されていきます。

徐々にウィルバーの発達段階についてのWSを用意していくので、
しばし、お待ちくださいね♪

(性欲や集合的無意識の話は次回♪)

[edit]

ケン・ウィルバーの紹介♪(ケンウィルバーことはじめ1) 

「この男を知ってるか!!?」

この男を知っていますか??

ケン・ウィルバーと言います。
こいつはべラボーにすごい男です。
僕の人生にもっとも深い影響を与えた人の内の一人。

しかも、他の深い影響を与えた人は、

・森岡先生(大学の教授・大学院研究科長だった気がする。)
・梨久子先生(当時、大学のカウンセリングセンターんのセンター長で教授だ)
・きょうちゃん(大学の元教授で精神科医)
・いさどん(木の花ファミリーのボス)
・東亜さん(ヴィパッサナ瞑想者)

などなどは、ぜんぶ実際に会っている人達です。

だけど、ウィルバーは会っていない。
本だけで影響をここまで与えたのはこの人だけです。
もう、とんでもなくハイレベルな学者です。
その成果を列挙すると、、、

・スピリチュアルという言葉をアメリカ精神医学会に認めさせ、診断基準に加える検討会を行うきっかけとなった。そして、実際に今、診断基準に入っている!!
・今の科学の問題点を正確に捉え、発表した。
・科学の歴史を分析・細分化から統合へと切り替えた!!
・学問を学問した(もっとも広範で精密に)。
・プラトンやカントの言葉を科学的な手法で証明した。
・心理学の諸学派の言い争いや理論のぶつかり合い、批判・主張の仕合いを終わらせてしまった!!
・スピリチュアル・東洋的に精神的実践を学問的に認めさせ、今の科学の欠点をはっきりさせ、方向性まで示した。
・統合失調症から悟りまでをひとつの発達段階としてまとめてしまった。
・キリスト教・仏教・回教etcをその共通点からまとめていった。

などなど。
もうすごくハイレベルです♪
だけど、本はとても難しい。
(ラカンのエクリとかに比べると難しくないけど、1時間で10ページしか進まない。笑)
だから、みんなに噛み砕いて紹介したいからWSを作っている途中。
毎日ウィルバーの本と格闘しています。

たのしい♪

めっちゃたのしい♪

ほんとーにたのしい♪

この上なく、たのしい♪

久しぶりに学術書をたくさん読めて幸せです。
ウィルバー、ありがとう!!

1


http://integraljapan.net/about_kw.htm

[edit]

プロフィール

最新記事

カテゴリ

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。