07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

2014.11.4 

「なんのために、このWS作ってるんだろう??」

と朝から考えています。
11月6日に第一回のウィルバーWSのモニターがあります。
こういう状況になると、いつも考える。

「なんのため??」
「何に向かっているの??」

探究の始まりです。

「多くの人の心がより高まるように」とか、
「みんなの頭がクリアに整理されるように」とか、

いろいろ言葉で括ってみるけれど、
そうした瞬間にそうではなくなる。

「そうなんだけどね。なんか、違和感が・・・」

ということになる。
その違和感を追っていくと、
もっと言葉になっていく。
で、ひとつの答えっぽい一行が現れる。
これで探究は一段落。

こうやって探究することも重要。
もう一方にあること。
あらゆる探究がそうだと思うけど・・・

「何のために??」
「人生の意味は??」

その答えは、
次から次へと移り変わって、
とどまることを知らない。

では、答えの探求が意味のない言葉遊びかというと、
そうではない。

その過程に発見があり、
より明確になっていく。

そして、明確な何かが
起点となって、
歩める。

だけど、その明確な何かは、
また、移り変わる。

移り変わる、

「それ」

の中で、

ただ、
そのようにして、
そのように在り、
そのように生きる。

つまり、
大いなる何かと一体となって、
するかんじのことをする。
ということ。

そうすると、確認が待っている。

結果が
感覚が
他者の言葉や笑顔が
歩みを確認してくれる。

間違っている時には、おかしな形が現れて、
間違っていないときには、素敵な結果が待っている。

そうして、確認しながら、
意味を探究しながら、
宇宙の一部として、
するかんじのことをする。

移り行く宇宙の一部であること。
それは、答えを手に入れた瞬間に、手放すことが始まること。

「答えを手に入れたのに、手放すなんて・・・」

と思う??
だけど、その作業は喜びが湧いてくることなんだよ。
その作業をしていると、めくるめく日々になっていく。
そして、それは、

「宇宙の一部であること。」
「そのことの内にただあること。」

なんだ。
それが音であることであり、
光であることであり、
宇宙であることだ。

そこには確かにすべてがある。
音があり、
愛があり、
慈悲があり、
あなたがいて、
わたしがいる。

僕はその連続、そのものと、
一体でありたい。


s-IMG_20140803_155543.jpg
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 【スピリチュアルと言えば・・が詐欺と一緒だった!!笑】  |  【セラピストを始めたい人のためのスタートアップワーク】 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://earthsyuttennsya.blog.fc2.com/tb.php/85-1cc771ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。