05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

【心理学の長い闘いの話5】(ケンウィルバーことはじめ6) 

【心理学の長い闘いの話5】(ケンウィルバーことはじめ6)

(前回は、科学者たちが、「分析」し「違い」に注目することを重んじていたことを説明していましたね。今回は、ウィルバーのやった、「共通点」に着目して「まとめる」という方法の具体例です。)

具体的に何をしたかというと・・・

もしも、

日本の「禅」のお坊さんと、

西洋の「キリスト教」の修道僧が、

全く別の方法で

同じスピリチュアルな体験をしていたら・・・

それは、人類が共通で体験できる可能性が高いと言えます。
確実な可能性が高い。
同じ方法で何度も、
だれでも経験できる。
科学的であるということです。

この「共通」のスピリチュアルな体験を本の中から探していった。

アメリカの精神科医が
①抑えていた感情を感じ
②絵に描く
治療をしていて、

ドイツの精神科医が
①忘れていた過去の記憶をたどっていき
②言葉にする
治療をしていたとする。

その共通点が、患者さんが神経症であることと、
①無意識に抑圧していた何かを思い出して、
②表現すること
だとする。

そうすると、神経症の治療では、
絵や言葉がポイントなのでなく、
「抑圧と表現」がポイントになる。

これは、神経症の治療の科学的な本質ということになります。

この共通点を本の記述から探し出すという方法で、
神経症の科学的な本質を見つけ出したのです。

こうして、

「実践の共通点」

を探して、まとめ、
出版したのです。

このように

「共通点」を見つけて
「まとめる」ことで、

ウィルバーは、それまで、

「抽象的だ・科学的でない」

と言われ、
研究の世界から追い出されそうになっていた

「主観的な」体験・実践

を科学的だと証明して行った。

その共通点や状態をまとめて、
さらに発達段階も見つけて、
発表したのです。

素晴らしいですね。

何と、その当時、まだ、20代。
医学部を「創造性の喜びに欠ける」と言い、中退し、
バイトをしながら、
座禅をし、
本を読みあさり、
本を書いたそうです。

20以上の出版社から出版を断られ、
やっとの想いで一社だけ、
出版してくれるところを見つけたそうです。

学会には激震が走ります。

「こいつは誰だ!!?」

とね。
当時、ウィルバーは学会に足を運ばずに、
文章だけを出していました。

「誰か、高名な学者が偽名で投稿したんじゃないか??」
「いや、海外の研究者ではないか??」

などなどいろんな噂が立ったそうです。
あまりの精度の高さと、
研究の深さに、
誰も20代のバイト青年が書いたとは考えられなかった。

それが、ウィルバーという20世紀最大の天才の輝かしいスタートでした。
(もっと詳しい内容は、ぼちぼちWSの形でまとめていくので、待ってくださいね♪)
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 【セラピストを始めたい人のためのスタートアップワーク】  |  【心理学の長い闘いの話4】(ケンウィルバーことはじめ5) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://earthsyuttennsya.blog.fc2.com/tb.php/83-69069e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。