05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

【心理学の長い闘いの話4】(ケンウィルバーことはじめ5) 

【心理学の長い闘いの話4】(ケンウィルバーことはじめ5)

今回は、

さて、前回まで、
統合失調症と神経症について、
根本的な特徴と違いを段階が違うという形でウィルバーがまとめ、
違いから来る心理学の中の長い戦いを
ウィルバーが終わらせたというところまで書きました。

しかし、この違いに気づいても、学会では認められません。

「証拠」がないからです。
「科学的」ではないからです。

だから、もしも、ウィルバーがこの発見を発表しても、証拠がなければ、学会では、

「へー。そんな考えもあるんだねー。」

というだけで終わっていました。
学会は証拠がないと取りあってくれない。

実は、特に心理学はそういうものです。

「えっ。心を扱っているんだし、抽象的でも許されるんじゃないの??」

と思いそうですが、実は全く逆です。
心理学は、他の科学から

「科学的ではない。数値で証明できない。実態がない。」

と責められ、
神経質になっているのです。

過剰に「証明する」ということにこだわりがあります。
誰が研究しても、

「同じ手順であれば、同じ結果である」

ことを求められます。
なんとなく、映画に出てくる心理学者が冷たい印象なのは、
この過剰に科学的になろうとする傾向が原因かもしれません。

その上、高名な学者が自分の意見を述べるならまだしも、
当時のウィルバーはただの一般人でした。
(一般人どころか、皿洗いと家庭教師のバイトをして生計を立てる禿げた兄ちゃんだった。笑)
だれも聞く耳を持たないはず。

なのに、ウィルバーは認めさせました。
ここからがウィルバーのすごいところ。

カウンセリング、支持療法、精神分析、サイコドラマ、交流分析、リアリティ・セラピー、自我心理学、バイオエナジェティックセラピー、ロジャース派セラピー、ゲシュタルトセラピ

ー、実存分析、ロゴセラピー、人間性心理学、ユング心理学、サイコシンセシス、マズロー、プロゴフ、ヴェーダーンタ、大乗仏教、金剛乗仏教、道教、秘教的回教、秘教的キリスト教

、秘教的ユダヤ教etc

ウィルバーは、さまざまな治療法や、一流の実践家・宗教や聖者の記録を集め、
それを分析していった。

そして、「共通点」に注目して「まとめた」のです。

これは、とてもすばらしい方法です。
ほんとーに、
ほんとーに、
ほんとーに、
素晴らしい方法だったのです。
実は、科学の歴史を

「逆転」

させるものでした。

それまで、科学は分析・分析・分析・分析・分析・分析・分析・分析。
分析あるのみでした。

分子を発見し、
分子をさらに細かく見て、
原子を発見し、
原子をさらに細かく見て、
電子を発見し
電子をさらに・・・

という風に。
「分ける」ことと「詳しく調べる」ことに熱中していた。
研究者も、

カーナビの中の、

地図を制御する部品の中の

映像を映すパーツ

の研究者とか、

神経症の中の、

性欲に関するものの中の、


治療法の中の

絵画療法の中の

書いた絵を分析する研究者とか、

書いた絵に対する反応を分析する研究者とか。

専門家になることが求められ、
細かい世界に入り込み、
視野が狭くなっていたのです。

水素原子と炭素原子の違いを分析し
これとこれは違う。
あれとこれも違う。
私はここを研究し専門家になるんだ。
という姿勢です。

科学は「違い」に着目して「分析」する方向を極端に極めていました。
だから、ウィルバーのやったことは驚かれたのです。
やったことが「逆」だったから。

「共通点」に着目して、
「まとめる」という方法

です。
これは、

「違い」に着目して
「分けて」調べるという方法

から見ると逆転の発想でした。

続きはここをクリック!
http://earthsyuttennsya.blog.fc2.com/blog-entry-83.html
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 【心理学の長い闘いの話5】(ケンウィルバーことはじめ6)  |  【心理学の長い闘いの話4】(ケンウィルバーことはじめ5) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://earthsyuttennsya.blog.fc2.com/tb.php/82-c5416695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。