07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

【心理学の長い闘いの話2】(ケンウィルバーことはじめ3) 

【心理学の長い闘いの話2】(ケンウィルバーことはじめ3)

心理学は、さまざまな学派に別れて争ってきました。

前回は、

「エゴが確固としていることが重要だ」

と主張する人と

「エゴを手放すべきだ!」

と主張する人の争いをウィルバーが解決してしまう話をしました。
 
今回から、何回かに分けて、

心の病の原因は

「性欲の抑圧」にあると主張する人と

「集合的無意識の氾濫」にあるにあると主張する人

この二人の争いをウィルバーが解決してしまうお話をします。

(今回は「分かる、分かるー♪」という内容でなく、「えっ。そうだったの。。へぇ~♪」という内容です。)

ちなみに、「性欲の抑圧が原因だ」と言ったのはフロイトです。
それに対して「集合的無意識が原因だ」と言ったのはユングです。

フロイトとユングはここで意見が一致せず、
言い争って、
お互いに
離れていってしまいました。

だけどね、
フロイトが関わっていたのは、神経症の患者さんでした。
一方、ユングは、統合失調症の患者さんを扱っていた。

患者さんのいるステージが全然違うんです。

まずは統合失調症の説明から。

統合失調症の根本的な原因は、

「人と自分の境界がしっかりと確立できていない」

ことだと言われています。
だから、自分の思考が

「他のひとに漏れ出てしまうのでないか」

と恐怖します。
そんな恐怖を抱えていては、
外を歩くこともおぼつかない。
世界は恐怖だらけになってしまいます。

自分と無意識の境界線も上手く引けないので、
たくさんの感情や感覚が意識に上ってきて、
整理がつけられない。
意識も、
無意識も、
集合的な無意識も全部境目がなく、
ぐちゃぐちゃです。

自分にとって何が必要で、
何が不必要化の判断もできず、
自分をまとめる(統合する)ことができなくなる。

「統合を失った状態=統合失調症」

というわけです。
そして、なぜ、統合を失うかというと、上手に

「区別」

することができないからです。
ここでは

「区別」

が重要。
実際に、自分の体と体の外のものを区別できなかった例もあるそうです。

つまり、、、

今、あなたがイスに座っているとして、
座っているイスと自分の体の境界が分からないということ。

この区別は、赤ちゃんの内に身につけるものですが、
それを身に着けずに大きくなってしまったということのようです。

スピリチュアルな世界では、

「区別はいけないことだ」

とか、

「世界を境なく感じよう」

と言い、

「子供に帰ろう!!」

と主張する人がいますが、
実は、

「健全な区別」

は、必要なのです。

それがちゃんとなければ
世界をちゃんと仕分けして見られない。
不必要な情報と必要な情報を分けられない。
混乱状態に陥ってしまうのです。

安易に

「世界を境なく感じているから、統合失調症の人は心がキレイ」

とか言ってはいけませんね。
心がきれいなことと統合失調症であることは関係ありません。

とりあえず、今日は、「統合失調症のお話」まで♪
次回は「神経症のお話」です!

(統合失調症ではない、本当のスピリチュアリティのお話はまた今度♪)
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 【心理学の長い闘いの話3】(ケンウィルバーことはじめ4)  |  10月30日迅平の「星になる*」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://earthsyuttennsya.blog.fc2.com/tb.php/79-d66e9cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。