07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

ギフトエコノミーについて 

料金のところに「ギフトエコノミー可」もしくは「ギフトエコノミー応募可」と書かれているものに気づかれたと思います。
こちらについて、説明していこうと思います。
 
 
表示されている料金は、「このサービスはこれくらいの価値があると思っています」という私の意思表示です。
これらのサービスを受ける際には、
この料金そのままの値段をお支払いしていただくこともできますし、
ギフトエコノミーという制度の利用したり、応募していただくこともできます。


このギフトエコノミー制度で私が提案するのは、次の3つの「寄付の仕方」です。


まず、私から、おしみなくサービス(ギフト)を提供します。
受け取った人は、3つの気持ちから寄付をすることができます。


ひとつ目は、●受けたサービスを、他の人にも渡してもらいたいと想った。
「次の人へもこのサービスを渡してください」という次の人のための気持ちからの寄付です。


ふたつ目は●もっと迅平から心や魂のこと、生き方や在り方のことを学びたいと想った。
「もっと学びたいから、迅平にお金を渡して、心の仕事に集中してもらいたい。」という気持ちからの寄付です。


みっつ目は●迅平の活動を応援し、もっと活躍してほしいというエールを贈りたいと想った。



ギフトエコノミー制度では、
こんな気持ちが生まれたときに、
負担でない範囲で、その想いの分だけ寄付してください。

金額の大きいや小さいは考えず、
あなたが「ちょうどよい」と感じる分だけ。

大きくてもいいし、
小さくてもいいのです。

三つの想いがなければ、寄付しなくてもいいのです。

大きい金額が、ちょうどよい、それが心地よい、と感じるのであれば、
私も、心からの感謝の気持ちをこめて、寄付を受け取ろうと思います。

小さい金額が、ちょうどよいならば、
ぜひ罪悪感や申しわけなさを感じないでください。

寄付がなければ、それもあなたの想いの表現として、ありがたく受け取ります。



罪悪感や申しわけなさから、
サービスを受け取れなくなっていくことが、私にとっては、一番避けたいことです。

私がこの制度をやろうと思った想いうちのひとつは、
何度も私のところに通って、私から学んだ方が良い方々が、
お金のことがネックになって、
何度も来ることができなくなることなんです。
それを解消したいのです。

だから、罪悪感や申しわけなさを感じずに必要な分だけサービスを受けてください。



また、この「ギフトエコノミー制度」は、
「出世払い」や「感謝の分だけ支払う」とも違います。

出世払いでは、「将来に払わなければ・・・」という重さが生まれてしまいますし、
感謝の分だけ支払うということであれば、「払わなければ、悪いかしら・・・」という義務感が生まれてしまいます。


もしも、私のサービスを受けることが必要だと思ったのなら、
まずはお金のことも何も考えず、受け取ってください。
必要なことをただ受け取ることも、とても大きな学びです。
受け取って成長した先で、
●このサービスを他の人にも渡してもらいたい
●もっと迅平から心や魂のこと、生き方や在り方のことを学びたい
●活動を応援する。もっと活躍してほしい
という三つの想いがわいてきたのなら、
ぜひ、寄付を通して、私の活動を支えてください。


お金を受け取ることで、
私は自分のサービスを人に伝えていくことができますし、
今よりもっと大きなことをしていくこともできるようになります。


社会が変わる流れが起きている中で、中心的な役割を果たすため、これから活動の範囲を大きく広げていこうとしています。
もしも、寄付がたくさん頂ければ、私はさらに大きな活動することができます。


今、考えているのは、心のお仕事をしている方々やしたい方々のためのオンライン講座や対等なパートナーシップの育み方を身につけるためのサービスを生み出すことなどです。
それを応援してくれることは、私にとって、とても嬉しいことです。


たとえあなたが少ししか払えなかったとしても、だいじょうぶです。
まずは、ただ受け取ってください。
受取って、進化して、その先のことはその時に考えてください。
もしかしたら、収入が増えて、寄付できるようになっているかもしれません。

自分を成長させることに、
たっぷりとエネルギーを注いでください。

私は、
まず、必要な分だけ、おしみなく心のサービスをギフトとして贈りたい。


このギフトエコノミー制度は、この想いを実現するための実験として、まず、北海道在住の人に限り、4月から三か月実施します。

「ギフトエコノミー可」と書かれているものは、ギフトエコノミーの形で参加が可能です。
「ギフトエコノミー応募可」のものは、応募していただき、審査することになります。
当選された方は一週間以内に連絡させていただきます。


この機会にぜひ私からのギフトを受け取ってください。
みなさんにお会いできることをお待ちしております♪


迅平


お振込先

郵貯普通講座
記号 10530
番号 84154491
オオガキシンペイ

郵貯以外の金融機関からの振り込み
店名 〇五八
店番 058
預金種目普通預金
講座番号8415449
スポンサーサイト

[edit]

プロフィール

最新記事

カテゴリ

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。